ブログ


絵本みたいなワーク

 

先週は祝日でお休みだったので、2週間ぶりのみんなの笑顔

小2の〇ちゃんが、宿題ワークに素晴らしい色付け。

あまりにもきれいでびっくりしたので、ここに載せて残しておきます。

 

「だって、ひまだったから」

なんて言ってましたが、私は嬉しい。

 

あなたの丁寧さには目を見張るものがあります

(●^o^●)

 

 

 


小学校高学年の自主勉強

 

宿題のひとつに自主勉強があります。

学校でもありますね。

 

ピアノ教室なので、

今、自分が学んでいることを、興味があることを、

書いてくれたらいいなと思います。

 

簡単なのももちろんいいけれど、

大きくなったら、何かしら工夫があるのは

嬉しいね。

工夫の数々のご紹介(^O^)

加線がいっぱい

 

楽しみながら遊びのようで深い学び

作曲家について

調べたんだ。

 

聞いたことない名前

どこの国の人?

その国はどこにあるの?

疑問を解決するって大事。

 

 

 



国について調べたよ。

二人ともスペインなのは、二人で連弾したからなのです。

 

 

 


高学年になると、こんな難しいこともできるようになるね。

素敵(^O^)

 

 

 

 

グレードテスト合格!

 

1月に行われたグレードテストに2人の生徒さんが挑戦。

2人とも回数を重ねているので安心していましたが、

それでもテストはテスト。どきどきしますね。

 

♡ちゃんは13級の挑戦。

15級から受けているので、グレードテストは3度目。

今回は新しく導入された区分Cで受けました。

 

♡ちゃんの選んだ曲は

「ロシアの踊り」

日頃使っている教本にはロシアの作曲家もよく載っているので

ロシアのイメージはあるかな。

もう1曲は教本からのチェルニー

 

合格おめでとう!

 


もう1人は☆ちゃん。

難しくなる9級の挑戦。

 

12月下旬に左手首骨折したって聞いたときは、

本当に困った~

試験受けれるのか?間に合うのか?

 

弾けない時はイメージトレーニング、暗譜などで

なんとか乗り切ったよ。

 

合格おめでとう!

 

 


またどんどん頑張って、上手になっていきますよ(^O^)

 

 

 

素敵なスケッチブック

 

見て見て~と言いたくなるような生徒さんのスケッチブック

こちらは妹ちゃんがレッスンに来始めた年中さんの時のもの

 

「こぶたぬきつねこ」

 

ちょうど幼稚園で習っていたのかな?

 

とてもきれいに丁寧に書いてあってかわいいわ💛


こちらはお姉ちゃんが年長で習いに来始めたときのもの。

 

とってもかわいらしくて感動したので、以前のブログに載せさせてもらった記憶がありますよ。


そして、もうすぐ5年生になるお姉ちゃんの2冊目スケッチブック。

 

どうですか?

 

すごい成長がわかりますね。

 

中のページも成長の記録。

 

大人になったときに見返してもらったらこのときの思い出のシーンがよみがえってくるでしょう。


 

とても素敵なので残しておくね(^_-)

 

 

 

 

松田知育ピアノメソッド

 

1月から正式に取り組みはじめた「松田知育ピアノメソッド」

 

「知育」

と聞くと、

お勉強するのだなと思いますね。

 

こちらの「知育」は一般でいう「知育」

を超えた知育です。

 

知識の詰め込みではなく、

「知りたいを育てる」ことを目標としています。

 

答えを大人が教えることは簡単です。

でも大人は一歩下がって、時にはヒントを与えながら

子どもに考えさせることが大事だと考えます。

 

考えることで

脳が育ちます。

 

「気づき」を得たら

「もっと知りたい」好奇心も育つでしょう。


 

そして

「わかった」時の笑顔。

それが自信になっていきます。

 

自分で考え、行動する。

 

そんな人間になってほしくてピアノを通して

「松田知育ピアノメソッド」を行っています。

 

小さな生徒さん、募集します。

かわいい笑顔に会いたいな(^-^)

 

 

 

バスティンコンクール全国大会

 

12月に名古屋でバスティンコンクール全国大会がありました。

10月に富山で優秀賞をもらった人が参加できます。

今回、教室からは4人の生徒さんが挑戦しました。

初参加のお友達、2回目、3回目、4回目のお友達と、みな、それぞれ頑張っています。

 

回数を重ねている生徒さんもずっと順風満帆だったわけではなく、悲喜こもごもありました。

あきらめないことが大事ですね。

お母様のお子様への愛も大事ですね。

 

そうして、皆さん、どんどん自信をつけていっています。

これからも楽しみです。

 

みんな、おめでとう(●^o^●)

 

 

 

 


簡単に移調ができるぞ

 

年明け1回目のレッスン

バスティンベーシックスを勉強中の小2〇ちゃんは、「いざ海へ」を伴奏くんで合わせる約束でした。

 

アンサンブル(ensemble)の頭文字Eを楽譜に書いて目印に。

 

さあ、合わせてみよう。

 

あれ?音が合わないぞ?

 

よく見るとヘ長調の曲を変ホ長調で弾いているではありませんか。

 

「Eって書いてあるから、Eで弾くんかと思っていた~」

「あれ?でも〇ちゃんのはE♭だよ」

「そうか~Eでも弾けるよ」

と、次はさーっとホ長調で弾きました。

 

とってもいいね!

 

ひとつの曲をいろいろな調で弾けると、歌の伴奏とかで簡単に移調できて喜ばれるよ。

これはすごい才能なんだよ(*^。^*)

このような〇ちゃんにとても嬉しくなりました。

 

そして、伴奏くんですが、

こちらは移調もできるので、どの調でもOK

時間があるときは、いくつも変えて弾くのも楽しいね。

 

そして写真で撮って再認識

手の形もとってもきれい💓

 

 

 

 

 


あけまして

 

新しい年があけました。

教室では新しく「松田知育メソッド」の勉強をしています。

自分で考える力など、頭でっかちでない力をつけることが気に入っています。

 

「一月睦月 ついたち、ふつか、…」

日本語の日の特別な歌を楽しい歌に載せて。

 

目線は楽譜の読みかたと同じ右へ右へと動きます。

 

慣れたら、一緒に手を動かしてみよう!

 

十二支も歌に載せて。

「ね、うし、とら、う…」

 

日本の言葉、

大事にしたいね。

 

 

 

 


年の瀬迫って(笑)

 

今年もあと2日。

私が子どもの頃は、大掃除をいやいやながらやり(笑)

もうすることがなく暇を持て余していた年末ですが、

現代の皆さんはどうですか?

そういえばショッピングセンターに人があふれていますね(笑)

今月も暗譜頑張ったさんを載せますね。

 

Aちゃんはドボルザークの「ラルゴ

キャンプファイヤーで「遠き山に火は落ちて」と歌われる曲の本家ですよ。

 

Bちゃんはベートーベンの「トルコマーチ」去年の発表会記念品の楽譜に入ってます。こちらもとても有名ですね。

 


耳によくする曲、有名な曲などは覚えるまですると、自分のものになっていいですね。

「何か弾いて~」と言われたときにさっと弾けると素晴らしい。

 

それでは、皆さん今年もありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

 

 

6年生2回目ソルフェ

 

さてさて、冬が来る前に実施予定だった6年生のグループソルフェージュレッスン。

今年は雪が降るのが遅いため、なんとか足場は悪くない季節に行えました。

今回はリズムを中心に行いました。

各個人が1小節リズムを作り、みんなの作ったものを繋げていくというもの。

 

張り切って難しいリズム作る生徒さんもあって、たたくときはたいへん。

 

でも写真に撮ると、真剣なのは私だけで、

ハートの下の生徒さんたちのお顔は笑みが(笑)

 

 

 


←これこれ

初見でたたくとなるとたいへんでしょ。

 

簡単そうなのも難しいのも

それぞれ個性で、

みんなでやると世界が広がって楽しい。

 

楽しいひとときでしたよ。ね?

また行いたいなあ(^◇^)

 

 

 


EとFがこんにちは

 

レッスンでは早いうちに英語「ABCDEFG」を学びます。

ゆくゆくはコードネームに繋がるこの7つの音の英語、英語を習っていない未就学児にとっては耳で覚えることができても視覚でもわかることは難しいことです。


 

「できるよ!」と自信満々で並べてくれた〇ちゃん。

そういう自信たっぷりなの、いいね!

 

並べると~

 

雰囲気はとってもよくわかる。

BとEって似ているものね。ほら、横に棒が3つもある。

 

鏡文字だって、そうだよね。

日本語だって、そうなるものね。

 

今度は本を見ながら並べてみよう。

 

「あら?EとFがこんにちはだね」

と言ったら、〇ちゃん、大うけ(*^^*)

 

これで〇ちゃんの頭にもインプットされたかな。

みんなが同じ方向に向いているんだね。

 

間違えること、大事ですね。

 

 

 


グレードテスト合格おめでとう

 

11月に富山ショップで行われたグレードテストに教室から3人が挑みましたよ。


3人とも合格。

ハートの下は満面の笑み(^○^)

 

頑張った先には得られるものがたくさんありますね。

おめでとう(●^o^●)

 

 

自分の言葉で書いてみよう

 

11月は「注意することを自分の言葉で書いてみよう」をスローガンに、スタンプを押した付箋でモチベーションを上げ、その付箋に宿題曲の注意することを書いてくることをがんばりました。

 

家に帰ってすぐにやったら覚えているかな?

何か他のことをやったり話したりしたら忘れちゃった?

忘れたら、弾いたら思い出すかもよ。

思い出さなかったら、自分の考えたこと書けばいいよ。

 

皆さん、頑張りました♪

 

他の勉強にも活きてくるよ♪

ピアノを習いたい人、募集中です

 

慌ただしい師走に入りました。

急に寒くなり、冬が近づいているなと感じられる今日この頃です。

 

クリスマス準備や大掃除で忙しかったりなど、

大人は今年も終わっていくのだなと感じますが、

子どもはそんなことおかまいなし、

毎日、楽しく過ごしていることでしょうね(*^^*)

 

ただいま、生徒さんを募集しています。

現在は数枠しかないのですが、春に中学生になる生徒さんの枠が若干、空くと思われます。

現在6年生の彼女らは4時から6時半までの夕方に来ています。

 

中学生ぐらいから曲ももっと楽しくなっていくので、みんな続けてくれるといいなと思っています。

ただ、とっても忙しい中学生。部活動に入り、部活が平日1日お休みがあるとしても、現在の時間では間に合わない生徒さんもいるでしょう。


 

ですので、5月ごろから夕方に空き時間がいくつかできると思います。

また5月過ぎにこちらのホームページを見てくださってもいいですし、早めに予約だけくださっても大丈夫です。

 

ご興味のある方、連絡お待ちしていますね。

 

そして、大人の方でもっと早い時間に来れる方は、たくさん空いている時間があります♪どうぞお問い合わせくださいませ。

 

 

暗譜したよ

 

暗譜とは楽譜を覚えてしまい本を見ないで弾くことを言います。

そらでも弾けるということは、たくさん弾かないとできないことです。

今回、暗譜して曲を弾いたのは〇くん。

「よろこびのうた」を暗譜。

 

ただいま、クラシックの曲に凝っていて

教本の他にクラシックメロディの本も

練習しています。

 

クラシック博士になる日も来るぞ!

わくわく(^O^)

 

 


内川プチ観光

 

今日は、新湊の内川に友人と行ってきました。

内川って、映画ロケで使われたりするところなんですね。

全然、知らなかったです。

川の駅もありました。

川べりをずっと散策できて、その川には、いくつもの橋がかかっていて、素敵です。なんとなくただ歩くだけでもうれしい気持ちになりました。

 

そんなに遠くもないところだけれど、楽しんできました。

 

新湊って、道の駅も川の駅も、おまけに村の駅もあり、

おもしろい。


今までの生活と新しいものがうまく同居していると言いましょうか。

ずっと住んでいる方もあれば、新しくお店を開いたところもいくつもあり、魅力的な内川でした(^O^)

 

 

 

6年生グループレッスン

 

6年生のグループレッスンを行いました。

グループレッスンと言っても、実は仲良くなってもらうのも目的のひとつ。

ピアノレッスン以外の生徒さんの素顔を見るのも楽しかったりします。

 

ソルフェージュは音程を主に行いました。1度から5度まで、細かい楽譜に印づけ。楽譜を細かく分析すると見えるものがあります。


面倒な作業もみんなでやればやり遂げられますね。自分のとお友達のを見比べて、自分の抜けている箇所を見つけることもできます。

 

勉強のあとはお楽しみ会。

 

もう大きいので、こぼさないだろう(笑)と、お茶と焼き菓子をパクパク。

そのあとは、ゲーム大会。

私はボードゲームが好きで子どもが小さいときにいろいろ買ったものがあって、

私は懐かしながら、生徒さんは新鮮に、ゲームをしました(^O^)

 

楽しかった?楽しかったね。

と言う声を聞き、2回目グループレッスンを冬が来る前に開催します!

 

 

ピアノという習い事

 

世の中にはたくさんの習い事があります。

昔は読み書きそろばんみたいな時代もありましたが、

今は考えに合わせて選べますね。

 

私は、ピアノを習うなら、せっかく払う月謝を有効に使ってほしいと思っています。

今、楽しければよくて、いつも持ち上げてくれて、

でも応用が効かなくて、教えてもらった曲しか弾けなくて…

では、もったいないと思うのです。

 

基礎の土台をしっかりしたら、10年後楽しめるよ。

 

あ、もちろん、基礎の土台はいろんなグッズを使ったり、身体を動かしたりもしますよ。

子どもには遊びと思えることもピアノを弾くための土台のひとつなのです。

なので、弾くこと以外にいろいろおもしろいこと、楽しいことするよ(∩´∀`)∩

 

楽しみながら上達する、

上達すると楽しいよ(^O^)

 

 

自己紹介の私の思いを新たに書きました。

 

 

お子様のことを大事に思っておられる方、

どうぞ安心して私に預けてください(*^▽^*)

 

 

 

 


言葉にしてみよう

 

今日から11月

今月は、注意を書いてくる宿題を出しますよ。

なんとなーく最初から最後まで曲を弾いていても

なかなかできないところは

なかなかできるようにならないのよね( ;∀;)

 

忙しい毎日でしょう。

限られた時間を有効に使うために

この付箋を使って、注意する箇所に注意することを書いてみましょう。

先生は何と言っていたかな?

 

ここ、なんかできなくて嫌だな

 

そんな場所を見つけて、書いてみよう。

 

 


上の大きいのは、小さい字が書けない小さい生徒さんや、たくさーん書きたい生徒さん用。

 

小学校に入っている人は自分でスタンプも押そうね。

テンション上がるかな。

 

 

じゃんじゃーん

 

バッハ先生がいたので入ってみました。

 

この写真をブログに載せる事、

私にしてはかなり思い切ったのです。

 

恥ずかしがり屋な私です。おもしろいこと好きなのですが、なかなかなかなか(^^;)

少しずつ年齢を重ねて、殻を破る勇気も少しずつ。

 


自己紹介にもアップの写真載せていないのも、恥ずかしいから。そんな私ですが、このパロディなものを借りてなら自分を表せるかもと思い、一念発起です。

 

でもやっぱり恥ずかしいので、小さく載せます(パソコンだとね)

ケータイで見ると、大きくなっちゃうのかな?

恥ずかしい~ですが、こんな私ということで。

 

丸い顔をしているので、バッハのあごラインのおかげで

シェイプされているように見えます(笑)

 

そのうちに慣れて、

自己紹介の写真もこれにするかもしれません。

それを見られたら、先生は一皮むけた!

と感じて下さいm(__)m

 

 

連弾はいいね!

 

「蜜蜂と遠雷」映画観てきました。

ピアノコンクールのお話です。

その中で、お月様が出ている夜に参加者の2人が連弾するシーンが

あり、とても好きでした。

本当に楽しそうなの。

映画なので、ある程度は作られていると思うのですが、

その場で即興みたいに弾いていました。

 

「なんと~かペイパームーン~」という曲の

連弾が特に好きだった~楽譜ないかな。

あったら、買いたいです。

 

すっきり忘れていた曲。

「ペーパームーン」で調べたら、違う曲だし、

困ったなと思っていたら、

ありましたよ\(^o^)/

「イッツ オンリー ア ペーパームーン」

 


たぶん、ずいぶん前の曲だろうな。

なぜ、登場人物の若い2人がこの曲を知っていたか?は横に置いておいて

ルンルン♫と楽しい気持ちになりますね。

 

 

せんのおと かんのおと 2

 

今日は、線と間の勉強。

小さいビーズを音符に見立てて作ってみるよ。

 


さあ、始めよう。

 

どの色を入れようか?

などと悩む時間も必要(*^^*)

 

間はね、線と線の間にある音符。

ストローの中に入るよ。

 

線はね、音符が線にささっているよ。

せんのおと かんのおと

 

楽譜は線と間の音符で成り立っています。

はみ出る場所(加線)もみんな、線か間。

なので、線と間をさっとわかるように以前に作ったもの

 

発泡スチロールの球にマジックテープを貼って

穴を開けて割りばしを通して線

 

 

 


その球の側面に割りばしをくっつけて間

 

割りばしに注意しながら実践。

 

 

 

 


こちらは新しく、作ったもの

 

小さいビーズをストローに通したり

針金に通したりします。

 

線と間の違いを学ぼう。

やってみよう(^O^)

 

 

 


Lemon

 

小4の〇ちゃんが右手で何かのメロディを弾いています。

「レモンだよ。楽譜をママに買ってもらったん」

 

米津玄師のLemon

素敵な曲ですね。

 

「もしかして、メロディに英語も書いてない?

 それ、左手もつけれるよ。」

先週のレッスンに楽譜を持ってきて

くれました。

そして、左手もつけて弾いていました。

 

「ここまでやってみたん。

 すごくいい感じ」

 

右手だけのメロディを弾けるようになるのも幸せのひとつです。左手が入るともっと深みが出て曲が身近に感じられたのでしょうね。

 

 


教室ではバスティンメソッドを勉強しています。

英語の和音を学ぶので、

こういう1段譜の伴奏が自分でつけられるのです。

 

応用が効いて、自分の好きな流行歌を自分の力で両手で弾けるようになって

音楽の世界が広がって、自分のものになって、

いいことたくさんですね。

 

昨日のレッスンでもさらっと弾いていましたよ。

 

テキストとおまけに好きな曲とたくさんピアノを弾いて

どんどん上達していくよ~\(^o^)/

 

 

 

 

インベンションを分析する

昨日の木村勉強会で、バッハの

インベンション1番を分析。

色鉛筆を使って、同じ形を見つけて色分け。

 

私たち指導者にはなじみのあるインベンションですが、初めて出会う生徒さんたちには、パズルのような楽しさを味わってもらおう。

 

 


一緒に同じ型を見つけてみるよ。

あら、反対の形もあるよ。

あら、リズム違うけど同じ形もあるよ。

 

おもしろいね。

1曲全部、色がついたよ。

 

 

 

 

 

ピアノこころのほけんしつ

長いお付き合いになるピアノ教室。

親御さんにはなれないけれど、第2の母の気持ちで

生徒さんを見守っています。

 

ピアノ教室だからピアノを習うんだよ、

と思っておられる方もいらっしゃるでしょうが、

心の健やかな成長のために、少しでも力になれたらと

思います。

 

 


ピアノこころのほけんしつを保科陽子先生が立ち上げられ、その教室に登録しました。

 

もちろんピアノの音色そのものも心を落ち着かせてくれる働きがあります。

 

思春期の入口、難しくなっていく年頃のお子さんたちがピアノ教室に来て

安心できる場所でありたいと思います。

 

小さいときからの信頼関係を基に、気持ちをわかってあげられる教室でありたいと

思います。

 

 

ギロックおんがくかい

 

昨日はクロスランド小矢部で「第1回 ギロックおんがくかい」がありました。

小矢部に繋がりのある生徒さんが2人、出演しました。

 

休憩時間に撮ったので、暗くて見にくいのですが、かわいらしい風船がステージにあって気分を盛り上げてくれました。

 

さすが、ギロックだけあって、

8小節ぐらいの曲を弾く小さな生徒さんや

大人の方までたくさんの出演者。


ギロックはいいね。

幸せな気持ちにしてくれる。

 

一生音楽を楽しむってこういうことだよね。

 

と、帰りは砺波方向ではなく逆行ってたりして迷子になったのですが、

帳消し、帳消し。

 

行ってよかった。

生徒さん、参加してよかったね。

 

 

七夕様にお願い

 

7月の蚤の市に行ったら、小さな笹をもらいました。

玄関に飾って、みんなのお願いを星の短冊に書いて

もらうことにしました。

 

たくさんの願い事が集まりましたよ~

 

ピアノの事を書いている人がたくさん♪

 


先生は嬉しいよ~

たくさん練習してどんどん上手になろうね。

 

ピアノ以外のことを書いてくれた人もいるね。

 

夢はあきらめなければ叶うよ。

 

ずっと夢を持ち続けていきたいね。

 

 

発表会の写真

 

発表会の写真が出来上がってきました。集合写真1枚と

スナップ写真3枚をお渡ししますね。

 

今回の発表会はソロ演奏の他に、

お手玉を使ってのウォーミングアップ、

ミュージックベル合奏、鍵盤ハーモニカ合奏、

そして最後は歌を歌いました。

 


歌は「エビカニクス」

エビとカニに分かれて

振り付けも少ししましたよ。

 


エビの人はピンクまたは赤、カニの人はオレンジ、のものを身につけて歌いました。

楽しい歌は一層楽しくなったかな。

 

どんどん上達して、楽しんでいきたい。皆さんの成長を楽しみにしています。

ぺたんこ屋さんのすごろく

発表会、ゴールデンウィークと、イベント続き、おまけに小学生は来週運動会。

そんなわけで、今週は、ちょっと息抜き時間がありますよ。

 

小さい生徒さんは、ぺたんこ屋さんのすごろく。スキップあがる、など。さいころを振って、こまを動かして、さあ、何の音になったかな?

 

大きい生徒さんは、12面体さいころね。


長~いパン

 

ようやく家にも低反発の長いパンがやってきました。

ちょうど2オクターブ分ありますよ。

欲しかったフランスパンはどうしても手に入らず断念。

このねじねじのひねりパンをよろしくね。

 

ピアノのタッチを覚えましょう。

思ったよりぎゅっぎゅって力を入れすぎないでね。

でも深~く深くね。


 

ピアノは弾くスピードでいろいろな音が出るんだよ。

みんなもいろいろな音色が出せるようになったらいいな(^O^)

 

 

音名フラッシュカード

 

さて合同ソルフェージュレッスンが近づいてきました。

最後にする「フラッシュカード」

これはとても大事なもの。

即時に何の音か答えれたら、譜読みが楽になるはず。

 

レッスンではごくたま~に

ほらほら、先生はこんなに速くできるんだよ~)^o^(

と私がやってみせ、勝ち誇った態度を見せて(笑)

生徒さんの心に火をつけています(^◇^)

 

1~2分でできるので毎回レッスンで行えばいいのですが

時間が足りず、お家でやってね、ということも多々です。

 

やはり合同ソルフェージュレッスンなどの行事があるといいですね。

 

必要に迫られてでも、何にしろ練習しますから。

学校のテスト前のがんばりと一緒ですね。

 

今回の合同ソルフェージュレッスンは調判定の勉強をする生徒さんが何人もいて、

フラッシュカードの練習までレッスンで行えなかったりするのですが、

みんなお家で頑張っていることと思います。

 

4月は引き続きフラッシュカード強化月間にしよう、

みんなにフラッシュカードを、と思っている先生です。

 

 

お手玉体操

 

合同ソルフェージュレッスンでは音楽に合わせてお手玉をします。

あの大きい250gのお手玉です。

 

私はソルフェージュ担当なので、

あと2人の担当の先生達と振りつけを話し合いました。

 

さて今回はお手玉、玉ひも、カップを使います。

どのグッズも目的、効果が違うのですよ\(^o^)/

曲はみんなの知っている「トトロ」のアレンジです。

 

初めはお手玉で。グッパー、横投げ、下投げ、ピザなど、お手玉ならではの動き。

脱力を心がけるよ。

玉ひもは指先しっかりね。

カップを持つと手のひらが広がる感じがするよね。指のお山もしっかり出るし。

カップでは言葉も曲に合わせて言おう。

盛り上がってどんどん決まっていきました。

 

そしてこの体操の楽譜をN先生が、当日のお手本はS先生が、

私は楽譜にみんながわかりやすいように動きを書くことになりました。

あまり絵心ないんだけど(^^;)

だれかかわいらしく書ける人いたら教えてね。ちょっと練習したいわ(*^-^*)

 

先生の絵はこんな感じ。

人はバーナムに出てくる顔なし骨人間ですよ。

これが精いっぱい。

恥ずかしいけれど、参加する生徒さんには配るのでよろしくね(#^.^#)

 

 


ミとソの洗濯物を干そう ♪

 

「ミ」はト音記号の一番下の線、「ソ」は下から2番目の線にあります。

ミとソだけを取り出して、場所の確認。

 

洗濯物のページから切り取って、貼ってくるのが宿題。

 

物干し台を物干し台には見えない太くて短い円柱のもので作りました(笑)

 

レッスンでわかって帰って、お家で復習。

 

○のある場所で音がわかるんだな!ということをわかってくれたらいいな(*^-^*)

もう少し後で、線読みをするときのよいきっかけになります。

きっと線読み楽々だよ(^O^)

 

 

 

移調

 

皆さんががんばって写した曲を移調して弾く、

というのをレッスンで行っています。

楽譜通りの曲が仕上がったら、

えいっと、この12面体のサイコロを振って

出た調でその曲を弾くのです。

発表会後、毎週やっているのですが、

不思議なことに難しそうな調が出る人はいつも難しそうな調が出たり(*_*)

 


振って出たサイコロの調を見ては一喜一憂。

 

難しい調が出たら先生が喜び、簡単な調が出たら生徒が喜び、

という楽しい一コマ。

 

短調が写譜宿題だった人は難しいけれど長調が宿題だった人は

どの調でも弾いてみたら意外と簡単だね。

 

ひとつの楽譜からいろいろな世界が広がるのです\(^o^)/

 

 

羊と鋼の森

もうずいぶん日にちが経ちましたが、本屋大賞を取った「羊と鋼の森」です。

 

ピアノ調律師の話で、ピアノを教えている私は読むのを楽しみにしていました。

とても細かく調律師の心が描かれてあって、本屋大賞になるだけはあるなあと思いました。

 

本屋大賞を取った本は興味のない分野でもおもしろいですよね。

世界が広がるというか。

 


たぶん、このブログを読んでくださっている方のほとんどは、音楽に興味のある方だと思うのですが、本屋大賞を取った本は毎年読んでも楽しいなと思う私です。

 

で、ですね、この宮下奈都さんと言う名前を聞いたときにね、(あ、あの人だ!)と思ったんですね。

2冊ほどティーンの歌のお話を書いておられて、1冊は家にありました。もう1冊は見当たらないので図書館で借りたのでしょうね(;・∀・)

 

「鋼の森」は友人から借りて読んだのですが、こちらの「よろこびの歌」は持っているので、読みたい方あったら言ってくださいね。貸し出しますよ\(^o^)/


ピアノを弾く姿勢

先日の木村勉強会で、ピアノを弾く姿勢の話になりました。足裏、丹田、背中、

おでこを意識します。

 

丹田(たんでん)…

みぞおちのほうかと思っていたのですが、調べてみると3つあり、一般には下丹田を指すようですね。

 

渋い(笑)画像あったので載せておきます(^'^)

 


足の裏を床に全部つける。

大人は意識すれば届きますね。

 

でも身長の低い子どもは届かない場合がほとんどだと思います。

そのため補助ペダル(足台)というものが存在します。

 

レッスンでは補助ペダルを用います。

 

ご家庭では、段ボールや牛乳パックなどで作った

お手製の足台があったらいいなと思います。

お子さんの身長に合わせて作ってもらうといいですね。

 

足裏を意識できたら、次は丹田、背中ですね。

そうして、おでこも意識して、素敵な音を出しましょう。

今までより、きれいな音がでますよ\(^o^)/

 

調号カード

パーティCに入ったら、楽譜がでてきます。

CポジションとGポジションは全部白鍵です。


ところが、楽譜を見るとト音記号やヘ音記号の横に♯がついている。Gメージャーの特徴はこれですよ。Cメージャーは何もついてないよ∑(*゚ェ゚*)


次は、シャープ1つのとフラット1つの調を覚えてしまおうね!



ということで、この3つをしつこく(笑)覚えてもらうことにしました。


日本音名も数えなくてもポン!と出てきますようにヽ(゚∀゚)ノ


シャープとフラットと1つずつつくものを覚えたら、

後で少し簡単になるかもよ(o゚∀゚o)



ステップ、スキップ


こちら、同業仲良し友人が作ったカードです(^O^)

数か月前にもらいました。

(ありがとう!感謝です!)


大きさも見た感じも使い勝手がよさそう

で、(せっかくだからパウチしよう!)

と思って、しまっていました。



でも時間に追われてパウチが延び延びに…

こんなことでは宝の持ち腐れ。


使わないでおくよりは使って、

ボロボロになったときにまた考えようと考えを改め、

はさみを入れました。


ひらがなで書いてあるし、

文字も大きいので就学前の生徒さんたちにも使えます。


ささっと答えれるかな(`・ω・´)ゞ~がんばれ~(o'∀'o)ノ



合同ソルフェージュレッスンを終えて

先週の合同ソルフェージュレッスンから今日まで、

参加した生徒さん、保護者の方に感想を聞く1週間でした。

 

「わかりやすく説明してもらえて、よくわかりました。行ってよかったです。」

と言われて、とても嬉しかったです。

 

私も説明している(つもりか?(^^;)いえ、しているのです(笑))のですが、

他の先生のお話からピピっとつながったことがあったのですね。

 

やはり、いろいろな先生の観点から見てもらうって大事だなと思いました。









カップが楽しい



来週行う合同ソルフェージュレッスン。

毎回、お手玉を使っての体操をしています。


今回のお手玉体操の曲は「ハイホー」。

カップと玉ひもも使います。


そうそう(o'ー'o)カップは手の形をよくするのに使います。

玉ひもはレッスンでも使っているので皆持っていますが、

他にも代用できるので、カップは使っていませんでした。


今回、お手玉を始めとしたこの3つの道具を使うため、

参加者のお母様方に固めのカップを探してもらうことにしました。


水羊羹のカップやアイスのフルーツのカップなど、

いろいろ探していただいて、ありがとうございますヽ(*'▽'*)ノ


私も100均やスーパー、ホームセンター、薬局など見て回りました。


画像の左上段のは5年ほど前の100均のじょうごです。

細いところを切りました。

が、年月が過ぎるとじょうごは大きくなってしまいました。

大きいと持てないのでで却下となりました。


でも案外、ゼリーなどのケースが使えますね。


練習したら、ごく自然に

「カップが楽しい♪」と話す生徒さんが2人。

楽しいと前向きになるので、先生にはとても嬉しい言葉です。


男の子はね、

お遊戯チックなのが恥ずかしそう。

でもね、身体の力を抜けるといい音が出るようになるよヽ(´ー`)ノ


参加する皆さん、頑張ろうね。そして楽しんでね。


そして参加を決めてくださったお母様方に感謝。

なんでも参加して上達していこうね(o゚∀゚o)と先生は思います。



月の光


「となりのおばさん、こんばんは

 きれいなきれいなつきよです~」

この歌詞を小学校の時に習ったときは(変な歌)と思いました。

なんで「隣のおばさん」なのかな~なんてね∑(*゚ェ゚*)

歌詞はさておき、とても有名な曲だったようです。


この、フランス民謡の「つきのひかり」はポジション移動だけで弾ける曲です。

ソロや連弾など初歩の生徒を対象にした楽譜に高い頻度で出てきます。


昨日のギロック定例会で読み解いているピアノメソードにも

やはり「つきのひかり」が出てきました。

こちらは先生との連弾でした。


やっぱりギロック。

ギロックの素敵な和音が組み込まれていて、フランスのおしゃれな世界が現れました。


先生のパートも難しくないので、兄弟、姉妹で連弾もいいな♪と思います。



合同ソルフェージュレッスン


昨日のバス研で5月末に行う合同ソルフェージュレッスンの詳細を話し合いました。

昨年に引き続き、同じコースを担当するので、私はB担当です。


前回の受講生の様子を思い出しながら、

もっと子供たちに親しみやすく、わかりやすくする方法はないか、

担当者で意見を出し合いました。


また新しいこともやりますよ。楽しみにしていてくださいね。



ピアノ・オール・ザ・ウェイ! 1A


昨日のギロック定例会ではギロックの教本を見ました。

今年のグレンツェンコンクールの課題曲に入ってますね。

この黄色い一番最初の本から、見ていくことになりました。


アメリカの初歩の本は先生が連弾もしくは音源と合わせるものが多いです。

とても簡単な生徒のパートでも合わせることによって

イメージがつきやすいようにしてあると思います。


このギロックの教本も先生の連弾がついていました。


生徒と先生になって弾きました。


合わせて感動。

素敵な伴奏なのです。

どれもタイトルに合っています。

とても短い曲なのに、おしゃれで素敵な伴奏がついていることによって、

発表会でも使えそうですよ(^○^)



拝啓十五の君へ


今日のテレビ欄に「拝啓十五の君へ」とあったので、

アンジェラ・アキさんか「くちびるに歌を」の関係だろうなと思い、

見てみました。


これは、再放送で

「手紙」がNコンの課題曲になった5年ほど前のドキュメンタリーでした。


この五島列島の中学生の合唱から

「くちびるに歌を」が生まれたのでしょう。


やっぱり感動して涙ものでした・゚・(。>Д<。)・゚・

皆で音楽を作るっていいね♪



くちびるに歌を


最近、音楽系の映画がよく来て、忙しい私です。


昨日、「くちびるに歌を」を観てきました。

アンジェラ・アキの「手紙」を基に描かれたお話です。


観に行って思い出したのですが、

私、合唱を聴くと涙が出るのです。・゚・(。>Д<。)・゚・


おまけに、部員の子の生い立ちや心の中など、

うまく綴ってあって、もっと涙腺に刺激が…


なので、この映画、たくさん泣いてきました。

素敵な映画でした。

やっぱり音楽って最高ヽ(´∀`)ノです。



ストックホルムでワルツを


昨日、友人が映画に行くと言うので便乗して観に行ってきました。


珍しい北欧もの。

ジャズシンガーのモニカという女性の実話だそうです。


有名な「テイク・ファイブ」がところどころに流れたり、

ビル・エヴァンスとの共演など、

ジャズにあまり詳しくない私ですが、

知っていることがあると興味深く見れました。


北欧も移民が多いイメージですが、

アメリカの人種差別とは違う歴史があるのだと感じました。


そして、夢を持ち続け、

かなうように努力すれば夢はかなうのだとモニカが証明してくれたのを

とても嬉しく思いました。



アニー


見たい映画が来るときは続くものです。

今日は「アニー」を見てきました。


私はミュージカルがとても好きです。

なので「アニー」も楽しみにしていました。


最初のシーン、

アニーが教室でボディパーカッション。

皆をひとつにしてワクワクしました。


何か楽しいことが起こりそうな予感。


こういう映画は見る人を幸せな気持ちにさせてくれますね。


アニー、とてもかわいらしかったです。

歌も踊りも抜群。

前向きに生きるっていいですね。


後味のよい映画でした。


マエストロ!


昨日は久しぶりの音楽の映画を観てきました。

平日なのにお客さんが結構いてびっくりしました。


西田敏行演ずる指揮者が一度は解散したオーケストラを

新たに1つにしていく物語でした。


みんなで音楽を創るっていいですね。


自分も奏者の気持ちで見ました。


ピアノを習っている皆さんはまずは連弾ですね。


映画を観ながら

生徒の皆さんや友人たちと手軽にできる連弾をやりたい!と思いました。

一緒にやろうね ♪


一時停止


昨日は木村勉強会でした。

教えてくださる先生から

よい言葉がけを教えてもらったので忘れないように書いておきます。


「はい、一時停止ね」

「スローモーションでやってみよう」


失敗したときにすぐ手を鍵盤から外してしまう生徒さんに使ってみます。


すぐ外しちゃうから、時間の勝負だわあ。

でも外してしまってからでも「一時停止」でパッと止まっているうちに

鍵盤上で手を置いたまま止まってくれるようになるかも。


そうすると無駄な練習が減ると思います。さあ、トライだ(´・∀・)


竹田楽器ツアー


先週、木村メソッド勉強会メンバーで竹田楽器さんに行って

いろいろなピアノを見せてもらい、弾かせてもらうというイベントがありました。


竹田楽器は福野にあり、同じ富山県内なのですが、

とても充実したイベントだったのでツアーと書きました。


竹田楽器の名前は知っていたのですが、初めて訪れました。


いろいろな時代のピアノ(ピアノと呼ばれるよりも前の時代のもの)が

10台以上もあり、本当にびっくりしました。


福野の子供たちは校外学習とかで行けるのかな?

あ、いや、貴重なものだから、

ピアノを習ったことのない子どもたちに見せるのは危険ですね。


でもピアノを習っている子どもたちには、見てもらいたいな~



3階には小さいホールがあり、グランドピアノと

なんとパイプオルガンもありました。


こんな素晴らしいところが福野にあったなんて((o(´∀`)o))


テレビでも放送されたことがあるそうですよ。

納得です。

とっても有意義な一日でした♪



あ、こっそり、自己紹介のページに

演奏している私を載せました(*´ェ`*)

カワイこどもコンクール


昨今、子どものためのたくさんのコンクールがあります。

その中で今日はカワイこどもコンクールについて書こうと思います。


今回から内容が変わりました。

こどもコンクールが小6まで参加可能になりました。


この、こどもコンクール。

課題曲があり日本人作曲家のものが大多数を占めます。

とてもユニークだと思います。


私たちは日本人。

外国の方と接する機会があったときに日本の文化紹介は必須です。


その一つとして日本人の作ったピアノ曲を披露できたら、

とても素晴らしいと思うのです。


子どもの曲の中にも日本らしい音階を用いたものもたくさんあります。

西洋の音楽はもちろん素晴らしいけれど日本の音楽も素敵だよ♪

生徒たちにはわけ隔てなくいろいろな音楽に触れて、

好きになっていってほしいなと思います。



お父さんの誕生日


「今週は他の曲ばかり練習してて…」

「どうしたの?何の曲?」

「実はお父さんの誕生日に「メヌエット」をプレゼントしようと、

 そればかり弾いていました。」


おお゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ 

素敵な発想ですね。


お母さんの持って行き方もとても素敵だと思います。

幸せな家庭が目に見えます。


お父さんも感動されるでしょうね。

おめでとうございます。



合同ソルフェージュレッスンを終えて

 

生徒の皆さん、

参加したソルフェージュレッスンはどうでしたか?

 

月末だったのでお休みに入り、

昨日ようやく、参加後の感想を聞き終えました。

 

「1つだけしか出来なかった~」

「全部間違えた~」

「みんな簡単だった」

「楽しかった」などいろいろな感想。

 

参加すると何か必ず得られると思うのです。

通常レッスンをしていて

(そういえば、あそこで習ったな)と思いだすかもしれません。

 

芸創まで連れて行ってくださるご家族の方の協力もあってこそですね。

 

ピアノの上達はこのソルフェージュの土台があって

培われるものだと思います。

 

また次の機会にもたくさん参加してくれたら嬉しいです。

一緒に頑張っていきましょう♪

 

 

コーチング講座

 

先日、保科陽子先生のコーチング

「ピアノの先生の伝え方トレーニング」に行ってきました。

副題は「上手なコミュニケーション術」です。

 

皆さんは「コーチング」を知っていますか?

 

コーチと聞けば運動の世界ですが、

この「コーチング」とは心の方のコーチです。

音楽業界にはたぶん体育業界から入ってきました。

昔の日本人は本番に弱かったけれど、

今の運動選手はちゃんと実力を発揮できますよね。輝いていますね。

コーチングが取り入れられているのだと思います。

 

そして、こちらの講座。

受講者はピアノの先生たちです。

自分を見つめ、自分がどんなタイプか考えました。

コントローラー、サポーター、プロモーター、アナライザー

の4つに分けて考えました。(各々の意味は英語の意味と同じかな)

 

昔(子供の時)、今の自分、どのタイプか?

そして生徒もどのタイプか考え、

そのタイプによって声掛け、アプローチを変え、

よりよい上達へと導くのです。

 

さて私、子どものときはサポーターで今はアナライザーとしましたが、

皆さんから見た私はどんなでしょう?

主観と他人から見るのとは違うと思うのです。

それにいろいろ混じっているからね(b゚ェ゚o)

なお、自分がどのタイプかは自己申告でした(ノ∀`*)

 

 

ギロック講座

 

 

先日、安田裕子先生のギロック講座に行ってきました。

日本に住んでおられないので貴重な講座です。

 

ギロックは素敵な響きの曲、

それも子どもたちが弾けるものをたくさん残していて

発表会でもよく演奏されます。

私もギロックが大好きです。

 


今回は、強弱について面白かったので書いておきます。

 

ff 大男が声を出している

f  王様が声を出している

mf 子どもが楽しく遊んでいる

 

pのほうはハーフタッチです。

上の写真のように、消しゴム付き鉛筆で鍵盤を押して確かめてみます。

生徒の皆さんにも試してみようと思います。

 

あ、この鉛筆は先生のおみやげです。

カナダ産、珍しいものをありがとうございますヽ(゚∀゚)ノ

 

連弾あり、バイオリンとのデュオあり、

でとても充実した講座でした。

 

 

♪ かわいい手品師

 

 

今日は木村勉強会日でした。

 

今日の私はカバレフスキー「かわいい手品師」担当。

単音ですが、わかりにくい。

手がさっといくまでに時間がかかりました。

 

1オクターブをまとめて取るとわかりやすいです。

今日、教えてもらって弾いてみました。なるほど~

 

(どこが、かわいいの?)

(かわいいイメージつかないな~)と思って弾いていたら、

当てられてしまいましたヽ('∀'*)ノ

 

「かわいいというのは、こんな風かな~」

指導の先生が弾いてくださいます。

おお~✨ヽ(≧▽≦)ノ

)さすがです。

最後の音の雰囲気を変えるだけで、かわいらしくなりましたよ。

私のイメージでは、ぱっと鳩が出てくる感じです(o^―^o)

勉強になります。

2オクターブ積木

 

同業の友人に音の積木の印刷したものをいただきました。

イタリア語(ど、れ、み…)英語(A、B、C…)3オクターブ分

あって、裏にシールもついています。

自分で作ったそうですよ。(≧∇≦)

とっても嬉しいです。心強い友人です。

ありがとうございます。

 

私もいつか自分で作れるようになりたいな。

 


そして、100均で積木を買って完成させました。

 

子どもたち、とても積木が好きです。

 

以前1オクターブのものをやったときも

「今日、積木やらんが?」と楽しみにしている子が何人もいました。

 

今、積木は冬眠中(笑)

秋になったら、積木を復活の予定です(冬眠の逆ですね(゚◇゚;))

 

今度は2オクターブに挑戦!「どれみふぁそらしど」の次は「れ」ですよ♪

ギャレスマローン

 

 

先日、BSで放送された「ギャレスマローンの職場で歌おう」という番組を

友人がDVDに撮り、貸してくれました。

 

持つべきは友ですね。

私はそのDVDで初めてギャレスマローンという人物を知りました。

 

このギャレス、とても皆を引っ張っていく力があります。

ドキュメンタリー番組ですが、私もすごく引き込まれていきました。

 

まずは信頼関係、次に自信をつけさせることですね。

持っていき方が素晴らしいと思いました。

物事をポジティブに考える。

よいところから他のところも伸ばしていく。

何かを押し付けるのではなく、みんなに考えさせること。

たくさんの指導ポイントを教えてくれた番組に思います。

♪ 田中正也コンサート

 

 

先日、市民プラザアンサンブルホールであった

田中正也コンサートに行ってきました。

 

田中さんはまだお若い方にお見受けしました。

15歳からモスクワに行き、ずっと住んでいらっしゃるそうです。

 

今回のプログラムでも

プロコフィエフムソルグスキーなど

民族色の濃いものがありました。

 

今回のコンサートはトークもありました。

お話があるコンサート、私はとても好きです。

 

ピアノがカワイのSKだったのですが、

なんとこれは手作りのもので、前回のショパンコンクールで使用されたもの。

番号が66番、という面白いお話もしてくださいました。

 

田中さんのテクニックとピアノの持つ特色で

本当に幅の広い音色で楽しませてもらいました。素敵なコンサートでした。

おとのかいだん

 

パーティBでは、おとなりの音について勉強します。

 

「ドレミファソラシド」は階段を上がります。

「ドシラソファミレド」は階段を降ります。

 

 

これがCからの模様読みの読譜に繋がります。

 

 


今度の合同ソルフェージュレッスンでは

ピアノの端から端まで音の階段を置いてみたいな~と思います。

 

せっかくのグループレッスンなので

一人ではできないことをやりたいな。

一緒に行う先生に提案しようと思いますヽ(*゚∀゚*)ノ

 

合同ソルフェージュレッスンのお知らせ

今年もバス研では合同ソルフェージュレッスンを行うことになりました。

 

8月24日(日)午前、午後の部に分けて呉羽の芸創で行います。

 

他の教室の生徒さんと一緒に楽しく音楽を学ぶ

とてもよい機会です。

 

今回はパーティコース卒業のレベルも新しく導入。

難しいことも学べますよ(o'∀'o)

 

私はBコース担当です。

今ちょうどBをやっている人はよろしくね。

もうBは終わったけれど復習したい人。

初めてのお友達ばかりが心配な人なども募集だよ(o^―^)ノ

ワンチャンス

昨日、オペラ歌手ポール・ポッツの実話に基づく映画「ワンチャンス」を観てきました。

 

いつも自信のないポッツ

それはこれまでの人生で大事なときに限って

失敗してきた経験から成された性格かもしれません。

 

そんなポッツを最愛の奥様が支える。

家族の愛は無償ですし永遠ですよね。

家族の愛の素晴らしさを実感しました。素敵な映画です。

 

そしてこの映画を通して感じたこと。

それは、何か一つでいいから自信を持つことの大事さです。

 

私はピアノ教師です。

生徒さんにピアノを通して自信を持ってもらいたいです。

 

そのために私がすること。

まずは、好きになってもらうことです。

その次は上手になってもらうことです。

上手になってお友達にも認められたら、人生が変わってくるでしょう。

 

引っ込むタイプの子はピアノで自信をつけれたらいいですね。

我が娘も引っ込むタイプなので、そう思います。

 

人の前で弾く機会を積み重ねていって、

学校のオーディションに挙手できるようになったら、

ピアノはあなたに味方してくれるでしょう。

 

私は生徒さんがそんな自信をつけれるようにレッスンに励みたいと思います。

親力

今日は石黒加須美先生の講座を受けてきました。

 

「見えない学力」をつけることによって学校でおちこぼれにならないですみます。

「見えない学力」とは、

規則正しい生活習慣、思考力、自信、表現力、想像力、集中力などです。

これらはピアノレッスンを通して得られます。

 

親はどうしても勉強、勉強と言ってしまいがちだけれど

生きていく上で大事なものは勉強よりも先に「見えない学力」。

小さい時にいろいろな楽しい経験を通して自ら考え、脳力が発達する。

 

ピアノをやっていれば英会話に行かなくても英語が聞けるようになるよ~

と先生はおっしゃっていました。

耳ですね。実際、私もそう思います。講師仲間にも同じ考えの人がいます。

 

私たちピアノレスナーは大事なお子様たちをいろんな面から伸ばしてあげたいと思います。ピアノの上達はもちろんですが、

人間形成としても大きなウエイトを占めるピアノレッスン。

これからも発達段階を知った上で成長を見守っていきたいと思います。

 

 

 

桐朋学園大学院大学のコンチェルト公開授業

昨日、ピアノコンチェルトが行われるというので

芸創(芸術創造センター)のリハーサル室に行ってきました。

 

以前からこの無料のコンサートがあるのは知っていましたが今回初めて足を運びました。

リハーサル室にはブルーシートが敷かれて靴のまま入っていいようにしてありました。

 

リハーサル室ですから、ステージの一段高いところがあるわけでなくフラットの状態でした。演奏者と観客がとても近いので身近に感じられました。

 

曲目はベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番とシューマンのピアノ協奏曲作品54の2曲。シューマンの曲はとても有名なので知っている人もいると思います。

4人の学生さんが演奏してくださいました。

さすがは桐朋なので、オケもピアノも素晴らしかったです。

瑞々しいピアニストの演奏に好感が持てました。

また機会があれば行きたいです。

音名絵合わせ♪ ヒット中

バスティンフォーラムで購入した大阪千里バス研の積木。

 

最近、小さい生徒さんに使っています。

 

アルファベットの順番は「ABC…」

「A」は「ら」

 

 


「ピアノの場所はどこかな?」

 

その3つを取り出して

「さて、合っているかな?裏返してみよう」

 

「みんなパイナップルだ!」

「正解だね!」


   生徒の皆さん、すごい喜び(*^.^*)

 

   「まだ、やりたい♪」

   と言う生徒が続出。

 

   「ママ、うちでも作って♪」

   と言い出す子も(^o^)

 

   それはいいアイデアですね。

   学校行ってるNちゃんなら自分で作れるかもよ(^O^)g

 

   全く同じでなくて大丈夫だから工夫して作ってみたらどうかな。

   音名もしっかり頭に入るし、世界でひとつの自分のグッズになるよ。

   たくさんいいことあるよ♪

   ぜひ、がんばれ~\(^o^)/

 

 

 

♪ 鍵盤から入る

昨日は木村勉強会でした。

 

どんな調でも動揺せず弾けるようになる、という木村の特徴として

鍵盤から入る、ということがあります。

 

鍵盤から入ることで身体が覚えるのです。

どんなにたくさん調号がついていても決まりは変わりません。

将来、歌の伴奏をするときに「この高さは低くて歌いにくいから、少し高くして~」と言われたら、

すっと高さを変えて弾けるようになると思います。

 

 

昨日はさいころを振って、でた調で基本の和音進行を弾く、ということを行いました。

私の頭はもう固くなっているのでなかなかたいへんですが(汗)、少しずつほぐしていきたいです。

 

また、受講の他先生から音階のおもしろい例え単語話を教えてもらいましたよ。

とても気に入ったので、音階のことをやっている生徒さんに教えたいと思います。

王様と大臣と…あとはその時のお楽しみO(゚▽゚o)(o゚▽゚)o

 

 

 

♪♯ シニア世代に教える最高のピアノレッスン法

「シニア世代に教える最高のピアノレッスン法」というタイトルの本を読みました。作者は元吉ひろみさんという方です。

 

この本では、シニアを60歳以上と限定していました。

確かに大人と言っても幅がありすぎ、同じ大人の初心者と言ってもいろいろなことが違うので限定したほうがわかりやすいですね。

 

今、教室にはこのシニアの世代にあたる方が1人いらっしゃいます。お仕事を定年退職されてからピアノに挑戦され始めました。

両手で違う指、音を動かすことはもちろん、「エリーゼのために」の有名なところも弾けるようになりました。

 

ピアノは年齢に関係なく、あきらめなければ上達するものです。

自分の身体で自分の音楽を演奏する。最高のことだと思います。

シニア世代には他にもピアノが与えてくれる利点がたくさんありそうです。

 

この本を読んで、他のシニア世代の方ともお会いできたらな、と強く思うようになりました。

敷居も壁も高くないです。

まずは勇気を振り絞って一言かけてもらえたら嬉しいです。


♪ バックコーラスの歌姫たち

先日、氷見キネマ館で「バックコーラスの歌姫たち」を観ました。

 

スターを影で支えるバックシンガー。

歌うことが本当に大好きなのでしょうね。

ハモったり、リズムに乗ったり、とにかく抜群に上手い。

全身で歌を表現する。

 

有名なスターとのワンシーンもたくさん出てきました。

ドキュメンタリーです。

おもしろかったです。


 ♪ 楽隊のうさぎ

本日、「楽隊のうさぎ」を観てきました。

 

午後からしか上映されないからか?

お客さんは友人と私の2人だけでした。

 

なんだか遠い遠い昔の中学時代を思い出しました。

 

始めて合奏したとき。

自分の音以外のたくさんの音が同時に鳴って、

一つの音楽を作ることの感動。

 

たくさんの音楽好きの仲間が集まって一緒に演奏することは格別のものがありますね。

 

聴くということももちろん楽しいことですが、

演奏できるということは素晴らしい。

 

かわいらしい中学生たちの演技に心がほっこりしました。


♪ ホームページ制作完了です。

なんとか大きな柱が出来ました。

あとは細かいところを直すこともありますが、

このような作りで終了!

今は満足しています。 v(^∀^)

 

これからもがんばりますので

よろしくお願いします。